老舗デパート・百貨店の古い包装紙、買い取ります。昔の紙モノ捨てないで!【2】

古いチラシ広告、お店の包装紙や紙袋などの所謂「紙モノ」やノベルティグッズ、シートレコード(ソノシート)などを担当している(暫定)新人「見習いA」です。こんにちは。

前回に続き、4月の茨城古書組合の交換会(市場)で仕入れた紙モノ、今回は百貨店の古い包装紙をご紹介させていただきます。

まずは白木屋(しろきや)の包装紙。

居酒屋じゃないほうの白木屋は、1967年まで東京・日本橋に存在したデパートで日本の百貨店の先駆けだそう。

季節ごとに使い分けていたのか、数種のデザインがあるんですねー。

こちらは東西老舗百貨店、三越と高島屋。こちらもかなり昔のデザインです。

高島屋横浜店用

高島屋の横浜店限定包装紙もあったのですね。
日本橋高島屋専用とか新宿高島屋専用もあるのかな。

左から伊勢丹、東横百貨店、吉池。

東横は、2020年まで「東急百貨店 東横店」として渋谷にあったので覚えてる方も多いのではないでしょうか?
東急東横店の食料品売り場「東横のれん街」は、渋谷マークシティの食品専門店街として現在も営業を続けているんですね。

北海道の丸井今井、広島の福屋、仙台の丸光。

中身が同じでも包み紙が違えば価値も変わる、みたいなところ、ありますもんね。

全国各地で繁華を極めたものの減少している老舗デパートの包装紙は、今でも格式を感じるというか味わいがあるというか、魅力的ですよね。

古い包装紙や手提げ袋も、捨ててしまう前に一度ご相談くださいね。

当店は昔の包装紙、紙袋、チラシなどの「懐かしの紙もの」「昭和レトロ紙もの」「ヴィンテージ紙もの」買取いたします。
『古いし汚いからダメでしょ?』なんて思わずに一度、はりはりや@茨城買取ドットコムにご相談ください!
 お任せください!

茨城買取ドットコムは、
古本を中心にゲームやホビーも扱う買取サービスです。

ダンボールに詰めるだけ、簡単宅配買取
倒産物件、大掃除、閉店、遺品整理など、大量買取の出張買取
その場で査定、現金買取の店頭買取

整理整頓して断捨離したい
引越するので売りたい!
大量な在庫の処分に困っている!
遺品整理したいけどどこに頼めば?

丁寧に査定の上、買い取りさせていただきます。
まずはお気軽にお試しください。

大量買取の出張査定買取も承ります!
まずはお電話で!フリーダイヤル

0120-949-052

皆様からのお声(Twitter・X)


こちらも読まれています