牛久沼は誰のものか

茨城を中心に本、CD、ゲームなどを出張買取をいたします、茨城買取ドットコムです

 

どもどもホリマコです。

 

 

 

 

 

 

 

 

地元牛久沼の色紙と小川芋銭の碑の拓本です。

小川芋銭といえば地元では河童の絵で超有名な画家。

古本屋的には「三愚集」という小林一茶の句を夏目漱石が書き挿絵を芋銭が描いたという作品があるのですが

まぁ地元的には「河童の絵の人」という認識です。

河童といえば芋銭、牛久といえば河童みたいな。

お隣牛久市のマスコットも河童ですし夏祭りは「かっぱ祭り」ですからね。

それくらい牛久沼と河童、芋銭は認知されてるってことっすね。

で、タイトルの「牛久沼」これは誰のものかというと我が龍ケ崎市のものなのです!わっはっは!

 

茨城買取ドットコムは、
古本を中心にゲームやホビーも扱う買取サービスです。

売りたいアイテムをまとめたら宅配業者に渡すだけ。
丁寧に査定の上、買い取りさせていただきます。
まずはお気軽にお試しください。

まずはお電話で!通話料無料

0120-949-052


最新の投稿

  • 棚をバラすのも古本屋さんの仕事です。

    棚をバラすのも古本屋さんの仕事です。

    というわけで本を捨てるのも古本屋さんのお仕事と先日お伝えしましたが 今日は本を入れる棚のお話。 閉店だったり、大量蔵書処分などで本棚、書架などが出てきたりします。 同じ形でまとまった数だと倉庫に置く都合もいいので倉庫新調 […]

  • 「本を捨てる」も古本屋さんのお仕事です。

    「本を捨てる」も古本屋さんのお仕事です。

    金曜日は比較的急ぎの仕事もなくって大体在庫整理に当てるときが多いです。 で、本を仕入れて出品しても当たり前ですが全部売れるわけじゃないです。 1年で出したものの60%くらいが売れる位の感覚です。回転率とは。 そんなわけで […]

  • 地味に仕分け。

    地味に仕分け。

    というわけで昨日一昨日と怒涛の蔵書整理でしたが今日は地味に仕分けしてました。 画像がないので昨日食べたラーメンの画像を上げときます。 お伺い先でも一応本の種類やジャンルで分けてはいますが目的は早く片付けることなんでとにか […]